Ubuntu 14.04 上での Caffe の導入手順メモ

仮想など問わずマッサラのUbuntuに入れる前提

環境依存

Make を全部完了させて python import caffe できるようになるまで

1 CUDA BLAS のインストール

sudo apt-get install nvidia-cuda-toolkit

sudo apt-get install libatlas-base-dev

2 The rest of the dependencies のインストール

sudo apt-get install libprotobuf-dev libleveldb-dev libsnappy-dev libopencv-dev libboost-all-dev libhdf5-serial-dev

sudo apt-get install libgflags-dev libgoogle-glog-dev liblmdb-dev protobuf-compiler

3 Caffe 本体の設定

3.1 Caffe のダウンロード

sudo apt-get install git

git clone https://github.com/BVLC/caffe.git

3.2 Makefile.config の設定

sudo apt-get install g++-4.6 を実行後、Makefile.config.example gedit などで開き

# CUSTOM_CXX := g++ の行を

CUSTOM_CXX := g++-4.6 にする

CUDA_DIR := /usr/local/cuda の行をコメントアウトし

# CUDA_DIR := /usr の行をアンコメントする

# CPU_ONLY := 1 をアンコメントする(仮想 OS 上の場合GPUがないため)

Makefile.config として保存

3.3 make

make

make test

make runtest

これらが全て中断されなければ基本的な環境構築完了

4 Python Caffe を使用可能にするための環境構築

sudo apt-get install python-pip

for req in $(cat requirements.txt); do sudo pip install $req; done (caffe/pythonフォルダ上で実行)

sudo apt-get install python-dev python-numpy python-skimage

make pycaffe

export PYTHONPATH=~/caffe/python/:$PYTHONPATH として環境変数を設定する必要あり

sudo gedit /etc/profile を開いて設定すると楽

python 上で import caffe としてエラーが起きなければ構築完了

 

 

 

 

Windows8.1Ubuntu14.01Grubで両方起動できるようにするときのメモ

Ubuntuを入れてからWin8.1を入れるとWin8.1のブートローダーになってUbuntuが起動できなくなるため、とりあえずUbuntuのブートローダーに戻す

UbuntuインストールディスクからTry Ubuntuをして端末から

sudo grub-install --root-directory=/media/○○ /dev/sda

を実行しupdate-grubを実行してみたものの/cowが見つからないか何かで失敗?

再起動するとUbuntuブートローダーにかわっていたのでUbuntuを起動し

sudo update-grubを実行し、再起動したときに

windows 8 (loader) on dev/sda1

的なのが表示されたらおk